断片日記

断片と告知

絵の展示

犀星スタイルトート出来ました。

新しい室生犀星グッズのご紹介です。犀星スタイルトートバッグLサイズ、金沢の室生犀星記念館で販売開始いたしました。気軽に金沢に行くことが出来ない日々ですが、記念館の犀星グッズは通販できます。犀星Tシャツ、トート、サコッシュ、冊子など、金沢に行…

音痴Tシャツ

盛岡の「shop+spaceひめくり」でTシャツ展がはじまりました。今年のテーマは「音楽」。音痴なわたしは「音痴」なTシャツで参加しています。 Tシャツ展の詳細は下記のサイトをご覧ください。Tシャツ展は5月30日までです。 お知らせ - shop+space ひめくり Tシ…

杏の花

金沢の室生犀星記念館で新しい展示がはじまりました。「旅する犀星 伊豆編」です。展示「犀星スタイル」は2月末で終了しましたが、引き続き「犀星スタイル」グッズは記念館で取り扱いをしていただいています。サイトのミュージアムショップの雑貨、絵葉書の…

犀星スタイル 臨時休館します

コロナウィルスの影響で、3月8日日曜まで開催予定だった「犀星スタイル 武藤良子原画展」は本日28日で終了となります。明日2月29日から3月15日まで金沢市の全文化施設が休館となります。急なお知らせ申し訳ありません。

勝手口から入りませんか

2月の半ば、展示「犀星スタイル 武藤良子原画展」開催中の金沢の室生犀星記念館を訪ねた。搬入のとき、トークショーのときと合わせて、会期中3度目の金沢だ。1度目2度目に訪ねたときは、記念館のような大きな場所で展示するという固まりがまだ飲み込めず、3…

まどのむこう

野獣派、フォービズム、という絵の表現を知ったのは絵の学校に通っていた20代のころだ。知ったばかりのころはブラマンクやスーチンの絵の激しさに焦がれたが、観続けていくうちに、やがて好みは野獣派に影響を受けた日本の画家たちへ移っていった。赤や緑の…

近くて遠い金沢と

いつもはひとりでビジネスホテル泊まりだが、今回の金沢行きは友人が一棟貸しの宿を探してくれた。東山茶屋街のそばの、古い長屋を改装した宿だ。1階には、みなで食事ができる大きなテーブルと椅子、小さいが煮炊きのできる台所、洗濯機乾燥機がついた風呂場…

「犀星スタイル」グッズ販売はじまりました

金沢・室生犀星記念館のサイトで「犀星スタイル」グッズの販売がはじまりました。 サイトの雑貨の頁で、室生家で食べられていた金沢式玉子焼きのトートバッグとサコッシュ、版画家の畦地梅太郎さんの文字を装画に使った『われはうたへどもやぶれかぶれ』サコ…

犀星スタイル−武藤良子原画展

『をみなごのための室生家の料理集』と『犀星スタイル』の挿絵の原画展を、金沢の室生犀星記念館で行います。 11月30日には、沖縄から市場の古本屋ウララの店主・宇田智子さんをお招きして、犀星の孫の室生洲々子さん、宇田さん、わたしの3人でトークショー…

犀星スタイル沖縄スタイル

沖縄の市場の古本屋ウララで個展をします。 2016年発行の『をみなごのための室生家の料理集』、2018年発行の『犀星スタイル』は、どちらも室生犀星の孫、室生洲々子さんが編集し、龜鳴屋が発行した小さな冊子です。わたしはその二冊に挿絵を描かせていただき…

○△□なTシャツ展

盛岡ひめくりさんでのTシャツ展に今年も参加いたします。今年のテーマは、○△□。今回わたしがご用意したTシャツは、丸三角四角の描き文字から模様に流れるデザインです。シルクスクリーンの印刷は秋田の6jumbopinsさん。Tシャツのサイズはもちろん、Tシャツの…

分け目

架空のバンドを妄想し、架空のバンドTシャツをデザイン販売までしてしまう大人のイケナイ楽しみ、妄想ロックフェス。今年は鬼子母神通りみちくさ市当日に、会場のひとつ、キク薬局横ガレージで開催いたします。わたしが妄想したバンドは「分け目」。Tシャツ…

続「沼日」

5月に京都で開催した個展「沼日」の続編を東京の雑司ヶ谷で開催いたします。雑司ヶ谷に三日間だけ現れる小さな隠れ家、ポポタム分室での開催です。細い路地の奥、古い民家の一室が会場になります。一度にたくさんの方にご来場いただけないため、予約制になり…

酒がテーマのTシャツ展

昨年に引き続き、2回目の参加です。盛岡、中津川沿いにあるshop+spaceひめくりでのTシャツ展がはじまりました。今年のテーマはずばり酒とのことで、悩んだあげく、しじみを70個描きました。肝臓をいたわりつつ楽しく死ぬまで飲み続けていきたい気持ちをこめ…

沼日

来月「沼日」という題で京都で個展をします。頭でこういう絵を描きたいと手を動かし、結果、手が頭の思惑を超えていったとき、楽しいなーと思います。 沼日のチラシも出来あがりました。とても薄い紙で作りました。どこかで見かけて鞄に入れて持ち帰ると、家…

夏だから!カレー皿とTシャツ展

盛岡の中津川沿いにあるギャラリー、shop+spaceひめくりでのTシャツ展がはじまりました。岩手山、北上川にかかる開運橋、中津川の土手、盛岡城址から見た大きな空、と、盛岡に行き見るたびに大好きだと思う景色をさりげなくTシャツに描きました。さりげなさ…

アンデルセンの小さな15冊の本展

アンデルセンを題材にしたグループ展に参加します。絵描きとデザイナーが組み、1冊の小さな本を作ります。わたしは「もみの木」という話を選び絵を描きました。年末らしい華やかなグループ展になりました。ぜひご来場ください。原画と小さな本、どちらも販売…

THE CAT DAYS

秋田での猫を題材にしたグループ展に参加いたします。わたしは秋田川反の野良アイドル猫、キモスイを描きました。Tシャツ、トートバッグなどにシルクスクリーンでプリントし、お持ち帰りできます。色柄サイズも選べます。猫好きのみなさんのたくさんのご来場…

オレンジページ

雑誌「オレンジページ8/2号」の巻頭特集、「やせ素材」でほぼ100kcal台おつまみ!、にイラストと文字を描きました。手軽に作れて美味しそうなつまみばかりです。本屋さんでぜひどうぞ。http://www.orangepage.net/books/919 NHK連続テレビ小説「花子とアン」…

微々

秋田で小さな展示です。小さいので名前は「微々」としました。新作と旧作を合わせていくつか持って行きます。搬入を兼ねて、18・19・20日の3日間、秋田へ行きます。秋田の桜開花日は4月19日だそうで、昼間は半袖でも過ごせる東京から、桜が咲く前の秋田へ、…

週末の過ごし方

今週末の2日間、まだ予定のないかた。雑司ヶ谷と西池袋周辺を歩きませんか。 ***3月22日土曜日*** 推奨散歩コース:ポポタムからココナッツディスク池袋店へ ■妄想ロックフェスin西池、開催中! 秋田のTシャツ工房・6jumbopinsによるシルクプリント実…

妄想ロックフェスin西池

一昨年、秋田のシルクスクリーンTシャツ工房「6jumbopins」さんで大好評だったイベント、「妄想ロックフェス」が西池袋のポポタムにやってまいります。作家の妄想上の、架空バンドTシャツ、架空バイオグラフィーがポポタムの壁面を飾ります。お気に入りの妄…

アートフェア東京2014

かっちり形のある絵を描く仕事が続くとそうでない絵が描きたくなる。色や線の配分を追いかけて紙のうえで遊びたくなる。サーカスみたいに愉快でいかがわしくて寂しい絵は描けないものか。なにが描いてあるのかわからないのに、ずっと見ていたくなるような絵…

iTohen

大阪本庄西のギャラリーiTohenさんの10周年記念作品展に、小さな絵を1枚、出展しています。西のかた、旅行で仕事で大阪に行かれるかた、ぜひお立ち寄りください。近くに気持ちのいい淀川の土手もあります。 *iTohen *開設10周年記念 作品展* 10th Anniver…

おっぱい展

目白のブックギャラリーポポタムでのグループ展、「おっぱい展」がはじまります。おっぱいをテーマにした作品ばかり並んでおります。あんなおっぱい、こんなおっぱい、作家たちのいろんなおっぱいを観にいらしてください。ちなみにワタクシ武藤は自画像を出…

旅するポポタム企画「赤い展示」

目白のブックギャラリーポポタムの企画「赤い展示」が高知県ではじまります。会場は知る人ぞ知る沢田マンション。いつか必ず行ってみたい場所のひとつです。わたしより先に、まず赤い絵が、沢マンにお邪魔します。高知県のみなさん、旅行で仕事で行かれるみ…

虫干し展、はじまります。

目白のブックギャラリーポポタムでの個展「武藤良子 虫干し展」は、本日17日より開催です。みちくさ市に合わせて5日間だけの展示ですが、5日間だけではもったいないと思える、面白いものなりました。作品は即売で、日々壁の表情がかわっていきます。何度も足…

武藤良子 虫干し展

今週末開催の鬼子母神通りみちくさ市に合わせ、目白のブックギャラリーポポタムで個展をいたします。新作はもちろんですが、未発表作品から仕事で描いたものまで、幅広く展示いたします。日々変わっていくギャラリーの壁も楽しいのでは、と、作品はすべて即…

米沢

山形県の米沢で、林哲夫さんと二人展をすることになりました。お近くのみなさん、旅行で行かれるみなさん、よろしくお願いいたします。 林哲夫×武藤良子二人展 ■日時 2013年5月10日(金)から13日(月)まで ■場所 ギャラリーパセオ 山形県米沢市桜木町2-55 http…

ビバ!プリントゴッコ展、はじまります。

父は厭わない人だった。 わたしが子どものころ、山の好きな父に連れられ、家族でよく山登りに出かけた。春のはじめなら山菜を摘んで家に帰った。普段台所には立たない父だったが、採ってきた山菜を、洗い、あく抜きし、ときにはすり鉢ですりおろしていた。料…